スキャン結果はどのように活用すれば良いですか?

各ターゲットのスキャン結果は、次のようにご担当者の役割に応じてご活用下さい。

- プロジェクトマネージャ・経営者の方
 →主に、各ターゲットのダッシュボード画面をご利用下さい。
  案件をご担当されているインフラエンジニアやプログラマに、
  スキャン結果に対する判断を行ってもらう材料としてお使い下さい。

- 各エンジニア・プログラマの方
 →主に、各スキャンの詳細結果をご利用下さい。
  ご担当されているFW/ミドルウェア/WEBアプリに対するスキャン結果を改善のためにご活用下さい。
  改善の対策後、再度スキャンを行うことで改善が完了したことをご確認ください。

スキャン結果に対して皆様で改善のためにご活用頂くためにも、
是非、対策された内容などをお持ちのblog等で共有頂けますと幸いです。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk