ターゲットについて

Walti.ioではスキャンをする対象をターゲットと呼びます。ターゲットにはFQDNもしくはIPアドレス(v4)が登録できます。IPv6への対応については検討中です。強いご要望などがございましたら「リクエストを送信」よりご連絡ください。

DNSラウンドロビンなど、ターゲットとして登録したFQDNに複数のAレコードが登録されている場合は、それぞれのIPアドレスに対してスキャンが実行されます。この際スキャンが行われたIPアドレスの個数分だけ課金が行われますのでご注意ください。

例: ターゲットwalti.ioにIPアドレスが設定されている場合、Portscan10円を実行すると、2IP×10円/IP=20円となる。

登録したターゲットをスキャン可能な状態にするには所有者確認が必要となります。所有者確認を実行するには、対象となるWEBサーバのドキュメントルートに認証ファイルを設置する必要があります。所有者確認についての詳細は、所有者確認についてをご参照ください。

所有者確認が正常に完了すると、無料の初回スキャンを実行できるようになります。登録したターゲットの画面より、「FREEスキャン」ボタンをクリックして実行してください。スキャンの実行には10分以上かかることもございますので、あらかじめご了承ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk